マザコンって概念は日本独特のものらしい

マザコンOpinion
Opinion
スポンサーリンク

マザコンって概念は日本独特のものらしいです。

これは随分前にあるテレビ番組で特集していたんだけど、アメリカ、ヨーロッパ、韓国、イスラム圏などなど。。。母親が大好きということを人目をはばからず公言したり表現することを「きもい~」とか言うのは日本独特らしいです。

スポンサーリンク

息子が生まれるまではマザコンは「キモい~」と思ってた

もはやこれって男の子のママあるあるだと思いますが、普通に日本で生活していると当たり前のようにマザコンはキモいと刷り込まれていました。

元夫は韓国のクォーターなんですが、物凄く韓国の血が濃いなぁと思っていました。

今は私もがっつりK-pop好きで韓国のことをあの頃よりははるかに知っていますが何も知らなかったあの頃、元夫をみていて韓国の血が濃いなぁと思った理由は「物凄く母親思い」「ファミリーの絆が異常に強い」ということでした。

元夫も母子家庭で育って母と妹二人の4人家族だったので、父親的な存在ということもあったのかな?

付き合っている時から母親や妹たちのためにすることが日本人ではちょっと考えられないようなことも多々ありました。

例えば、、大学生の妹がパスポートを申請するのに初めてだから仕事休んで付き添ってあげるとか。。。

ブラックchikako
ブラックchikako

普通にひきませんか??私だけ?

お母さんが足を怪我しているから会社早退して仕事の帰りにお母さんの職場まで迎えに行くとか。。。

あ。。ケガって言っても足の指で、あくまで立ち仕事をできるくらいの怪我です。

そんなことがちょこちょこあるので私は浮気の言い訳かなぁとすら思っていました。

が、実際に妹とは連絡取り合う仲でしたし、お母さんたちともみんなで食事とか買い物とかすることがありましたが、話がちゃんとつじつま合うので本当だったと思います。

スポンサーリンク

結婚してからも少なからずこのマザコンでもめた

離婚の原因ではありませんが、このマザコンというか家族の血が濃いというのが私はやはりちょいちょい引っ掛かるポイントだったのは確かです。

二人の記念日とかでもお母さんとか、妹から連絡が入ればキャンセルしてそちらに合わせるとかもそうだし、新婚だというのに本当に頻繁に義母や妹、果ては姪っ子まで押しかけてくるというのも辛かった。

3日に1回は誰かが来てました。全部向こうの親族(笑)

でもって元夫も週に1回は実家に遊びに行ってました。

私がこういうファミリー大好き系の人だったら良かったのですが、真逆で、母も親戚付き合いすらほぼしない人だったから余計にこのペースがきつかったですね。

スポンサーリンク

ママが大好きな息子はマザコン?

結局週1どころかある日から永遠に帰ってこなくなったので離婚するしかなくなってシングルマザーになったのですが(爆)

シングルマザーになって出会ったメッチャマザコンは息子です(^^)

そりゃそうか?

それはマザコンじゃなくてママ大好きってことだしね。

そもそもマザコンの定義って母離れしていないとかですよね?

だとしたら基本大人になる過程で少しずつ離れていくべき距離感が近すぎるって事かな?

まぁ子供なんだからママ大好きは当たり前だけど、それでもママ友との会話では必ずママ大好きな男の子に対して「○○君はマザコンだね~将来お嫁さん苦労するね」なんて会話が結構当たり前に飛び交います。

で、うちの息子はやはり他の保育園のお友達と比べても圧倒的にママ大好きな子だったのは確かです。

これ言うと不安だったんじゃん?とかって思われそうですが、そういうんじゃなくてうちの子当たり前のように定期的に「ママ大好きだよ!」って言うんです。

小さい頃からずっと。

中2になった今はさすがに毎日とはいきませんが、それでも週に1回は言ってます。

で、これをマザコンというか?ってなると多分そういうんじゃないんです。

ブラックchikako
ブラックchikako

いやいや、母になったからってマザコン擁護かよ!って声が聞こえそうだけど。。

他を差し置いてもママを優先します!という感じのじゃなく、好きなものを好きっていう凄~くシンプルな感じです。

お花見てキレイっていう、猫ちゃんみて可愛いっていう、、に近い感じ。

空=青い ご飯=美味しい ママ=大好き

ブラックchikako
ブラックchikako

ダメ?無理ある?これはだめなのか??

スポンサーリンク

元夫も息子もとにかく愛情表現が真っ直ぐ

元夫は外人か?イタリア人なのか?っていうくらい愛情表現を言葉できちんとしてくれる人でした。

「かわいい」「キレイ」「愛してるよ」あたりはもう一日のあらゆるタイミングで言ってくれます。

で、こういうとチャラいとか言われそうですが、元夫だし、養育費も払わず、息子からの連絡すらスルーしてるダメ男なので擁護する気は全くないので、ただただ真実を語っているだけなのですが、いわゆるちゃらい!というのとは真逆にいるような人間でした。

どちらかというと打算とかできないバカ。。あ、、つい口が。。

バカ正直タイプで、思ったこと考えもなしに言っちゃうっていう感じです。

だから好きじゃなければまるで言いません。

息子はまさにそういう感じの、元夫と全く同じ感じの「ママ大好きだよ」を言うのです。

そう感じると言わずにいられないみたいで、例えばスーパーで買い物しててもちょっと先のお菓子のコーナーから大きな声で「ママ大好きだよ!」って言ってました(笑)

息子は5ヶ月までしか父親と暮らしていないので、多分血なんだと思いますが、、、

スポンサーリンク

あれはマザコンではなかったのかと気付く

そういう息子を見ていて、以前観たテレビのことなんかも思い出して『あ~元夫のあれはマザコンではなかったのかもなぁ・・・』と数年前にようやく思いなおしたりしました。

まぁだから何ってくらい、そこが離婚原因ではないので関係ないのですが、でも元夫のそういう一つ一つに苛立っていたあの頃の自分が今のこの認識になっていたら、家庭内の空気とかっていうのは確実に違う物だったのかもなぁとは思います。

私は私なりにあの濃密なファミリー関係に入っていこうと努力をしましたが、どこかで私の日常やうちの家族関係では考えられないくらい濃密はファミリースタイルをどこかで嫌悪していたんだと思います。

あ、うちの家族が仲悪いってことではないです。

ただ、うちの母は大好きだよ~ってハグしたりするタイプでは全くないので、私自身大好きだよ~なんて母親に抱きしめられた記憶1個もないです。

男前というかツンデレというか、、、抱きしめずライオンの子育てのように子供を見守るというタイプの愛情の注ぎ方の人なんです。

物凄く情の濃い人なんですが、スキンシップは物凄く少なめタイプです。

だからこそ余計に私はあの濃密な母子関係が嫌だったのかも知れないですね。

少なからずチックになったり神経症みたいな時期があった私にはトラウマ的なものがあったのかも。。

スポンサーリンク

息子にできた惜しみない愛情表現は元夫のおかげかも

スキンシップや愛情表現が濃密ではない育ち方をした私は、夫との関係の中で自然と彼のように表現することができる人になっていきました。

だからこそ、自分の子供には惜しみなく抱きしめて「愛してる」や「大好きだよ」を伝え、息子もまた血なのか?私がそうやって育てたからか?沢山の表現をしてくれる子になりました。

そしてフラットに見られるようになった今『マザコンって日本独特の概念らしい』を「そうだね~」と思えるようになりました。

まぁ、いわゆる度を越したママと大人になった息子との関係性は独特も何も英語でもエディプスコンプレックスという言葉があるので、やはり異常ですが、日本では「お母さん大好き」を表現すると「マザコン!きもい~」という人も多いのでそういうののことです。

グラミー賞とったタトゥーだらけの黒人アーティストが「mom,I love you」とかって言うのを「マザコンじゃん」とは言わないですもんね。

ブラックchikako
ブラックchikako

あ、、ここにタトゥーは関係か(^^;イメージね、イメージ

K-popのアーティストも受賞の時に「オムニ、サランヘヨ」って良く言います。

キリスト教とか儒教とか多分に宗教の影響は大きいと思われますが「ママ大好き」という言葉に含まれるのは母親を敬う気持ちですよね。

エディプスコンプレックスとここが混同されごっちゃになってるのが日本独特のマザコンきもい文化かな?

ブラックchikako
ブラックchikako

勝手に名付けるなってね

スポンサーリンク

息子は中2の今でも「ママ大好き」を堂々と言います

1/8なので定義上では純粋な日本人なのですが、息子は韓国の血が入ってるということに凄くアイデンティティを持っているようです。

なので、国民性の違いとかってことで政治を語り合ったりするのと同じように小さい頃からこの手の話も二人でよくします。

中学2年生になった今母親の話とかをしていると、一般的に男の子は母親のことを大好きだろうけど悪く言ったりする子も多いようです。

でもうちの息子は私のこと大好きなんで(笑)思った通りに言うそうです。

で、案の定「おふくろ好きとかマザコンじゃん!」とか言われることがあると「え?!好きだよ。何?お前お母さんのこと嫌いなの?」と真っ向から言ってやるそうです。

クラスで中心にいるタイプの息子なので「え。。いやまぁ。。。好きだけど。。」と空気が変わるようで、今や息子のクラスでは「普通お母さん好きだろ。当たり前じゃんね」って感じに認識変わってきてるようです。

出来ればこれからも母親を敬う気持ちをきもいと否定するような変な日本独特なマザコンきもい文化はうちの息子みたいなのにどんどん変えていってもらいたいですね。

私も若い頃にもっときちんと母親を好きということの何がおかしいのか?ってフラットに考えらえるようになっていたらもっと違ったかなぁ。。なんて反省したりもしています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
\ この記事をシェアする!/
\ chikakoをフォローする !/
シンママchikakoのブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました