スポンサーリンク

フェイスライン、頬や口元のたるみにこそキャビスパが効果あり!

キャビスパ2Beauty

キャビスパといえば美容機器で常にランキング上位にとどまる実力ありの機器ですが、ボディーへの使用をメインにしている方が多いと思います。

でも、表情筋の衰えによるフェイスラインのたるみにはEMSとラジオ波によるキャビスパフェイスモードが効果バツグンというお話です。

フェイスラインのたるみは表情筋を鍛えることで大きく改善します。
フェイスモード搭載のキャビスパRFコアEXが効果バツグン!
スポンサーリンク

キャビスパRFコアEXとは

人気のあるキャビスパのラインナップの中でもフェイスモード、バストモードを搭載したイチオシの美容機器です。

詳しくは別記事で書いていますので参照して下さい。

今回は簡単に説明しておきます。

①キャビテーション

キャビテーション
キャビテーションの超音波は↑中央の丸い部分から発せられます。

キャビスパはその名の通りキャビテーションができる美容機器ですが、フェイスモードではキャビテーションはオフになるので今回は説明省きます。

ボディー使用時にはとっても有効な優れた機能なので、購入検討されている方は↑の記事やキャビスパの公式サイトでご確認下さいね。➡RFボーテ キャビスパ 公式通販サイト

②EMS

EMS

EMSは黄色い部分から電気信号が出ます。

電気信号により筋肉を動かすことで、筋肉を鍛えます。

有名どころだとシックスパッドとかありますが、EMSには高周波、低周波、中周波などあり、出力も機器により様々です。

筋肉トレーニングでも遅筋、速筋とあり、どこをどのように鍛えるかによりムキムキになったり、スレンダーになったりと効果が変わります。

高周波は速筋に効くので男性的なボディー作りには最適です。一方でキャビスパRFコアEXで採用されているのは低周波と中周波のダブル波です。

低周波は遅筋に効果的に作用するのでスリムな引き締まった筋肉作りに効果的です。

中周波は脂肪の厚みのあるお腹などの奥まで届くのでインナーマッスルまで効果的に鍛えることができます。

これによりより女性的でスリムなボディーづくりをすることができるようになっています。

高周波➡速筋に効くので男性的なボディーライン作りに効果的

中周波
➡インナーマッスルを鍛えられる(キャビスパRFコアEX搭載)

低周波
➡遅筋に効くので引き締まったボディー作りに効果的(キャビスパRFコアEX搭載)

③RF(ラジオ波)

ラジオ波

ラジオ波はピンクの部分から出ます。

ラジオ波は電磁波の一種です。

医療行為としてだと細胞内に働きかけて細胞組織を破壊しそれにより、コラーゲンの生成を促進させるということができますが、美容機器やエステ等ではこの行為は禁止されていますので、あくまで肌表面と内部を温め代謝や排出の促進を促す目的で使われます。

キャビスパRFコアEX自体はこの3つの機能を1台で同時にできるところが凄いのですが、バストモードとフェイスモードでは痩身に関わるキャビテーションは必要ないので機能が自動的にオフになります。

また、EMSの出力もフェイス、バストに合わせたものに変わりますので、必ずモードは守りましょう。

ついつい欲張りがちですが、強ければいいってものでもないので、プロが選定した出力や機能を利用して効果的に引き締めましょう。

フェイスライン、頬、口元のたるみ

たるみは表情筋の緩みによりおこります。

一番大きく影響するのは大頬骨筋といってこめかみと口角の辺りを繋いでいる筋肉です。

笑顔を作るときにキュッと口角を引き上げる筋肉です。

表情筋の図

ぶすーっとしてるとここがどんどんたるんで口角が下がり、たるんだ肉が口元や頬の下部にたまってもたついた印象になります。

年齢とともに気になってくる顎にできるマリネットラインは口角下制筋を鍛えることで改善されていきます。

年齢による筋肉のゆるみはある程度やむを得ないのですが、例えばフランス語は口元に力を入れて発音するものが多いのでフランス人は口元の筋肉が日本人より発達していたり、声優さんや笑顔を職業とするコンパニオンとかはやはりここの弛みが少ないです。

つまり、きちんとこの辺りの筋肉を動かし鍛えればかなり大きく弛みを軽減して顔の印象を若々しく保つことができるのです。

日本人は私もそうですが口角下がっている人が多く、私も油断してる時に鏡とか映るとぎょっとします。

ブラックchikako
ブラックchikako

昔は自宅や職場にも鏡を置いて常に意識するように!とかしていたけれど、最近は鏡とかガラスがあると、やばい人に会った時のように、ひたすら自分から目をそらしちゃいますからね(笑)

ただ顔の筋肉はからだに比べて小さいし皮膚が薄く筋肉までの距離も近いので比較的早く結果が出るのでちょっとキャビスパやるだけで物凄く改善するので是非やってみて下さい!

図を見てもらうと良く分かりますが、大頬骨筋や口角下制筋だけでなく口角の横には顔の下垂を食い止めるための様々な筋肉がつながっているので、図の緑の丸印のあたりを意識してキャビスパを当てると効果てきめんです!

頬のたるみ、ほうれい線➡大頬骨筋を鍛えることで改善

口元のたるみやマリオネットライン➡口角下制筋を鍛えることで改善

弛みに効かせるキャビスパの使い方

フェイスラインの弛みにはフェイスモードでEMSとRF機能の使用となります。

一番大事なのはEMSです。

EMSは筋繊維に沿って使うのが効果的です。

筋繊維はいわゆる筋肉のイラストで表されるように両端が細くなっていて中央が膨らんでいます。

この端から端まで効果的に筋肉に電気信号を通すのが良いのですが端すぎると骨や腱があり、ここにEMSをあてると痛めてしまうので中央で筋繊維にきちんと添わせることを意識します。

とはいえ、フェイスラインにキャビスパをあてると正直そんなに大きく動かす余地はありませんので、こめかみから口角を結ぶ筋繊維を意識し筋肉に沿わせるようにまずはあててみて下さい。

そして微妙に角度を変えたりしながら口角や頬の筋肉がピクピクと動くポイントを探しましょう。

私は最初の利用時はこれが見つけられずボディーと同じやり方で何となくゆっくり流していましたが、お風呂でたまたま動画を見ながらふと手元が止まり角度が変わったときに面白いくらい口角がびくびくして「おお!!ここが正解の位置ね!!」と分かりました。

コツは当てている方に少し首を傾けて頬の肉に力が入っていないたる~んとした状態を作ります。

そして押し付けずに優しく当てて微妙に角度を変えてみて探します。

キャビスパの電気信号は約3秒ごとの周期になっていて、EMSだけなら数秒の固定は問題ないので3秒ごとに少しずつ動かすようにするとぴくぴくポイントが分かりやすいです。

筋繊維自体はキャビスパの当てる面でカバーできているはずなので、上下などに大きく動かす必要はありません。

見つかりました?!

ちなみに私は体の歪みなのか左の顎から頬のマリオネットラインが右より気になるのですが、この気になる方が簡単に見つけられました。

恐らく緩んでる状態の方が分かりやすいのだと思います。

ちなみに、ピクピクするポイントは一ヶ所ではないと思います。

図にある筋繊維にジャストミートすると2~3ヶ所でピクピクすると思うので頬の中央のあたりで微妙に回転させるように角度を変えたりするとポイントをいくつか見つけられると思います。

キャビスパは基本はゆっくり動かすものなので、ポイント探しなどでとどめる時はRFの出力調整をして、熱すぎたり火傷などにならないように自己責任でお願いします。

何ならオフにしちゃっても全然大丈夫ですよ。大事なのはEMSの方なんで。

EMSは水中だと散りますが顔はお風呂でも水面から出ているはずなので湯船に浸かってじんわり汗をかいたくらいだと程よく濡れていてジェルなどなしでも少し水をつければスムーズに流せます。

季節により乾いていたり、お部屋で使いたい場合は必ずジェルを使って下さい。

ちなみにキャビテーションも水中だと減衰するので、ボディーに使う場合は湯船からからあがって使うか、お部屋などでジェル使用のほうがおすすめです。

<フェイスモードの効果的な施術手順>

①顎のラインに合わせた位置からマリオネットラインを意識してスタート

フェイスモードスタート

②少し当てる側に首を傾けて力の抜けた状態にする

③RF出力を1またはオフにして3秒ごとに少~しずつ動かしぴくぴくポイントを探す。
※当て方はあくまでも優しく触れるくらいでOK。ぎゅっと押し当てたりしないで下さい。

④頬の中央のあたりは上下左右よりも微妙に角度を変えるように回転させてポイントに効かせる

フェイスモード2

※この時中央付近は当たりっぱなしになってしまうので数秒おきに皮膚から離して①のスタートの位置からあてはじめ④までを繰り返すようにして下さい。

⑤上記の手順で両頬を合わせて10分で施術する

効果的な施術回数や頻度は?

筋トレは毎日やる必要はないと言います。
休ませる時間がある方が効果的に筋肉を鍛えられることが分かっていて、スクワットや腹筋も毎日よりも3日に1回などの方が良いそうです。
超回復理論というやつですね。
ただ、これは筋肉に損傷を与える程度の強度の運動であることが基本で、またその回復にかかる時間も24~72時間と諸説あります。
キャビスパのフェイスモードでは筋肉痛になるほどの強度はないので毎日やっても問題ないと思います。
たるみを重点的に改善したいのであれば、両頬合わせて10分を毎日がおすすめですが、顔は皮膚が薄くデリケートな部位なので、時々オフの日を作るのが良いと思います。
1週間ほどで明らかに印象が変わってくるので、その後は2~3日に1回でも十分だと思います。
せっかくキャビスパを持っているなら、フェイスだけでなくバストやメインのボディーへの利用もした方が良いので、施術の部位を日によって変えていくのがおすすめです。
トータルで1日30分を限度として1カ所10分ですので、単純に毎日3カ所できます。
ちなみに私は、肌は外からは吸収しないことが分かっているので個人的にはノー化粧水をしています。
※アメリカ皮膚科学会(世界で一番大きな皮膚に関する学会)が実験データとともに出しています。
なので、なるべくジェルなども顔には特につけたくないのでなるべくお風呂での利用をしたいと思っています。
が、忙しいシンママに毎日ゆったり湯船につかるような余裕はないのでそういう意味でも毎日はやっていません。
でも、3日に1度でも十分効果あるので是非試してみて下さいね!
時間のない私達は、日々笑顔を心がけるのが一番手っ取り早い美容法かも知れないですね。
でも、なかなかそうはいかないので3日に1度でいいからキャビスパに助けてもらいつつフェイスアップしましょう!

ボディー同様リファカラットとの併用はおすすめ!

ボディーでもリファカラットとの併用をおすすめしてきましたが、フェイスも併用おすすめです。

ただ、たるみ自体は筋肉を鍛えることでの改善が必要なので、ここに関してはあまりリファカラットは必要ありませんのでキャビスパだけでも十分です。

では何故フェイスでもリファカラットの併用を勧めるかというと、フェイスはむくみやリンパの流れの滞りを改善することで美肌や小顔に大きく影響があるからです。

ちなみにリファカラットはむくみやリンパの流れの改善に良いので毎日できるなら毎日やるほうが良いです。

テレビを見ながら、ネットを見ながらコロコロするだけなので是非やってください。

ちなみにキャビスパだけでも高いのにリファまで手が届かないという方もいると思います。

どちらもコスパで考えたら絶対に損のない商品なのですが、とりあえず手っ取り早くコロコロするのは薬局なんかにも売っている安いローラーでも全然大丈夫です。

おすすめは片手で両頬と顎までできるフェイスローラーとかがいいと思います。

これでも、やらないよりは全然むくみすっきりしますから!

キャビスパはやぱりコスパの良い美容機器

フェイスだけでもこんなに優秀で、メインのボディーとさらにバストモードまでついているので、やっぱり絶対にコスパ良いと思います。

途中でもお話したように肌は外からは吸収しないので、必要な基礎化粧品は保湿剤(クリームとかオイルなどワセリンみたいな安いので全然OKです)と日中に必要なのは日焼け止めの2つです。

なので、今まで高い化粧品や高くなくとも化粧水、美容液、ブースター等々いくつも使っていたとしたらそれら全部やめてちゃんと効果のあるこういう美容機器に使うほうが断然賢いです!

シンママはとにかく無駄なく手っ取り早くきれいになるのが大事です!

本当の意味でのコスパの良い美容グッズできれいになりましょう!


コメント

タイトルとURLをコピーしました