スポンサーリンク

花があるとやっぱり嬉しい!ドレッサーに飾るのがおすすめです。

ブーケBeauty

女性はお花大好きな方が多いですよね。

私ももれなくです。

ガーデニングにはじまり、もちろん切り花も大好きです。

でも、お花って今物凄い高いですよね?

でも、、うちは月に1回くらいの割合でお花が飾られます?!

スポンサーリンク

小さい頃から花がある生活

母がとにかく花が好きな人だったので、家の中はいつも花であふれいていました。

とはいっても、どんどん高くなる花の値段というこもあるあし、堅実な(ケチ?!(笑))性格なので基本ガーデニングや花の市場まで買いに行って大量の花をいたるところに飾っていました。

花の市場に行くと町のお花屋さんで買うの本当にばからしくなるくらいとっても安いですよ。

ところどころに花の市場ってあると思うのでお花好きな方は是非探してみて下さい。

お花屋さんの半額以下で買えます!

そんな母の影響で私も花が大好きというか、、、当たり前のようにガーデニングをしたり、花を飾ったりするようになりました。

ガーデニング

実家にいる頃に母にレクチャーを受けてハーブをメインにガーデニングを始めました。

今もベランダはとにかく充実させていて、ラベンダー、ローズマリー、カモミール、イタリアンパセリ、チャイブ、モッコウバラ、オールドローズ、スモークツリー、ローズゼラニウム、アイビー、シュガーバイン等々を育てています。

ただね、、、虫がだめなので、、どうしても虫に強いものがメインになります。

本当はお花をもっと育てたいところなんですが、基本はめんどくさがりなので庭植えではなくベランダガーデニングなのに植え替えとかやりません(笑)

やってる人はびっくりするかも知れないけど、植え替えとかしたこといまだかつて数回しかないです。

今の家に越してからは2回しかやってないので、、、要は8年近くで2回ですね(笑)

本来ガーデニングって手間がかかります。

ハーブは比較的楽ですが、、それでもガーデニングの本とかで調べると、時期によってやることやお手入れがいっぱいあります。

でも、、、

母の影響で、ここら辺はほぼカットしちゃいます。

ガーデニングにはまり始めた頃に母にいろいろやり方や手入れの仕方を相談した時の母の名言が「ほっぽっておけばいいのよ。ハーブなんてカッコつけた名前つけてるけど要は雑草なんだから。」でした(笑)

ブラックchikako
ブラックchikako

雑草は言い過ぎだけど、、、でも、本来そこらに生えている草ですからね。。

そんな母の影響もあり、忙しくてお金もないシンママですが、ず~っと長くガーデニングを楽しめているとも言えます。

ちょっと話がそれましたが花は基本1年草で植え替えが必要になるので極力やらないんです(爆)

とりあえず枝ごと時期によってはカットしたりはしますが植えっぱなしでいいものをメインに育てています。

とは言っても庭ではなく鉢なので定期的に土を変えたりはしないといけないのですが、そういう時は今は上から足せばOKという土があるので、そういうものを使ったり、場合によっては鉢ごと捨てて一から植えなおしたり程度はします。

でもその程度です。

ハーブを飾ってもお部屋はかわいくなりますが、やっぱり定期的にお花が恋しくなります。

定期的にうちにやってくる豪華な花たち

うちほの庭にあるものでお花が咲くものはほんの少しです。

特にバラなんかは物凄く手がかかるものなので、私のようにほぼ何もしない人だとほんの少ししか花は咲いてくれませんが。。。それでも時期にはラベンダーと合わせた小さなブーケは作れる程度にはなります。

あとはミニバラとかね。

ミニバラ1 ミニブーケ ローズ

これも忘れた頃にふと咲いているのを見つけて幸せな気持ちになります。

ミニバラなんかは『え!?今?』って感じで、ある日突然咲いてます(笑)

もっと手をかけてあげられるくらい時間やお金に余裕があればバラはもっと咲くと思うのですが、なかなか私の生活では厳しいので、今年はモッコウバラの苗を買いました。

モッコウバラはバラの中でも手がかからず、実家が戸建てだったころは家のエントランスから2回まで大量に花が咲いて、薄いグリーンの外壁に黄色がとってもきれいだったので、私もシンボルツリーのような感じで黄色い花であふれさせたいなぁと思っていました。

最初は、自分の思い入れがあるけど結局CD化できなかった曲のタイトルということもあってミモザを育てていたのですがうちは目の前に大きな桜の木があって、その木にさえぎられるため日光が花を満開にさせるほど強いところはほんの1カ所です。なので何度かチャレンジしたのですが、結局一度も花がさかずじまいだったので、断念して今年からモッコウバラを育てています。

モッコウバラ

これが本当に面白いようにぐんぐん伸びて気づけばあっという間に黄色い花に包まれていました。

あまりにわっさわさなのでお花の時期が終わってからがっつり枝をカットしましたが、もう既にぐんぐん伸びています。

あとはうちのお店では結婚式の二次会がほぼ土日どちらかに入っているので、ここでお花を置いて行かれる方が多いので、毎回私がブーケにしてお店に飾り、飾り切れない分は頂いて帰ります。

なので、うちには定期的にかわいいブーケが来ます。

ブーケ ブーケ2

普通ならとても買えないような豪華な花束をお持ちかえりできてうれしい限りですが。。。

今本当に花をもって帰らない人が多いのがちょっと悲しいですね。

歩いていても昔はベランダって花や植物が沢山あったような気がするのですが、虫が来るからとかっていう理由もあるのか、ベランダに何も置いていないおうちの方が多いくらいですよね。。

なんだか、、、寂しいですね。。

まあ、高いのでお花を買いましょう!とはなかなか言えないのですが、キッチンガーデニングとか1鉢でも植物があるだけで癒しの空間になります。

光触媒で消臭効果がある人工植物もありますが、是非1つでもいいので植物や小さなお花でも飾るのをお勧めします。

何ならそこらの雑草とかでもいいんです。

よく見ると小さくてかわいいお花が咲いています。

これを100均とかの小さなガラス瓶にさすだけでもとってもかわいいですよ。

そういえばうちの息子が小学校2年生の時、そろばんから帰ってきたその小さな手にかわいいお花が。。近くの空き地で見つけたその名もなき花を「ママにあげようと思ってとってきたよ!」って。。お花って凄い威力があります。どんな花でも。

長く飾れるブリザーブドフラワー

それでも、本物はめんどくさいという方にはプリザーブドフラワーがおすすめです。

本物のお花を特殊な液体につけて長期保存できるようにしたものです。

うちは柔軟剤のキャンペーンだったかな?何かで応募して当たった有名なフラワーアーティスト<ニコライバーグマン>の作品を玄関に飾っています。

プリザーブドフラワー

これだと生花の状態ですが長期飾っておけます。

お花を贈る時もお花が面倒という人もいるので、迷いますがこれなら置物と同じで飾るでいいのでどんな人にも喜ばれと思うのでギフトとしてもおすすめです。

1年の自分へのご褒美とかもおすすめです!

ブラックchikako
ブラックchikako

シングルだと誰もくれないもんね~。でも頑張ってるから自分に自分で送っちゃいましょう!

飾る場所はどこでもいいのですが、なるべく目に付くところが良いです。

お花は精神的に癒し効果があるのは科学的なデータも出ていますから、是非その恩恵を存分に被れるのが良いです。

特におすすめはドレッサー!メイクの時に目にはいるのはとても気分が良いですよ。

人によると思いますが一番長くいる場所でちょこちょこ目に入るところに置くのが良いと思います。

毎日は無理でも、時々でもお花のある生活おすすめします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました