子供のスマホはお下がり&LINEモバイル!安全おすすめ理由と実際

子供のスマホLINEモバイル
LINEモバイル

そろそろ子供にスマホを持たせようかと思うけど、なるべく安く済ませるにはどうしたらいいのかな?

私のお下がりスマホを使わせたいのだけど、その際の注意点やおすすめの方法はある?

子供のスマホってどんどん低年齢化していますよね?

それだけに小中学生で初めて持たせるスマホは本体はもちろん、月々の費用も最低限で押さえたいですよね?

さらに、親としては安いだけでなく安全に使わせるということも考えなくてはいけないので悩みますよね?

私も息子が小学校の卒業を機に散々悩んで調べまくった結果、子供のスマホを安全に安く使うには親のお下がりスマホ+LINEモバイルが最安でとてもおすすめ!ということを知りました。

お下がりなら本体0円でLINEモバイル最安プランなら月額600円です!

この記事では実際に自分のお下がりスマホを子供に使わせるときの注意点や格安スマホのLINEモバイルが何故子供へのスマホにおすすめなのか?をご紹介します。

LINEモバイル公式サイト>>

小中学生のスマホはお下がりがおすすめ

子供にお下がりスマホ

スマホデビューをいつからにするか悩んでいる方も多いと思います。

うちは息子が小学校の4年生の頃から周りでスマホを持ち始める子が出はじめ、かなり催促されました。

小学生がスマホを持つなんて倫理的にどうなのよ?とこっちも頑固にキッズケータイで我慢させていました。

ブラックchikako
ブラックchikako

とか言いつつ実際は経済的な理由が一番大きかったような気もするけどね(^^;

でも、卒業を機にお下がりスマホ&LINEモバイルにしたらキッズケータイより安いうえに、安全だし、子供とのコミュニケーションや位置情報による把握など便利なこと、良いことづくめでした。

正直、こんなに安くて安全に使えるならもっと早くスマホにしとけば良かったと思いました。

検討中のママさんもお安くて子供にも安全ならためらう理由は無くなるのではないでしょうか?

お下がりスマホなら、子供に高価なスマホを購入するというハードルもなくなり、そのまま使うのであれば本体0円で利用できます。

まだまだ走り回って遊ぶ小学生ではポケットから落ちて画面がバキバキに!とか、水没した!なんて話も多々ありますので、まずはスマホの使い方を学ぶためにもママのお下がりスマホを使わせるというのがおすすめです。

子供にスマホを持たせるメリット

実際に私が息子にスマホを検討していた頃は中学1年生でのスマホ所持率は4割以下だったのですが、スマホの方が圧倒的に快適でした。

スマホを持たせるメリット
  • 子供自身で調べものなどをできる
  • 子供の管理が細かく設定できる
  • フィルタリングアプリが充実している
  • お下がりなら本体代金が0円
  • 操作性が良くなるので子供とのコミュニケーションが多くなる
  • LINEの利用で通話料がほぼ無料になる

意外に思われるかも知れませんが、スマホの方が圧倒的に管理アプリや操作が充実しており、子供の習い事を共通のカレンダーアプリで管理したり、ゲームの使用時間や、スマホ自体の使用時間なども細かく管理できました。

キッズケータイでもGPSでの位置情報が分かりますが。。。

ブラックchikako
ブラックchikako

「みんながスマホなのにこんなの恥ずかしい」と持ち歩かなくなってたから、いつ見ても自宅だったよね

小さいボタン式のキッズケータイより、操作性も圧倒的に便利になるので本人も使う頻度がはるかに増えます。

特に仕事の帰りに電車の中から連絡取りたいのにキッズケータイだといちいちショートメールでの送信になるので料金もかかるし、既読もつかずイラっとすることが多々ありました。

これがスマホでLINEでやり取りできることで料金を気にすることなく電話やLINEでやり取りができて各段にコミュニケーションが増えました。

サイトやアプリに関しても全部を見れないキッズケータイよりも、このページは見て良い、このサイトはだめ、なども細かく指定できるので、子供自身が宿題を自分で調べたりという使い方も良くしていました。

今は学校へのスマホ持参も検討されているので、金銭面も、安全面も圧倒的におすすめのスマホが良いと思います。

お下がりスマホを使用するときの注意事項

本体代金を無料にできるお下がりスマホですが、お子様に渡す際にいくつか注意事項があります。

  • スマホを渡す前にできれば携帯保障を使ってリフレッシュする
  • スマホのデータなど全て初期化する
  • ケータイ会社は格安SIMを利用する
  • 利用予定のケータイ会社で端末が利用可能か調べておく

お下がりで渡すスマホをリフレッシュ

大手キャリアで携帯を使っていると携帯保障サービスに加入している方が多いと思います。

携帯保障サービスに入っている方は充電電池をリフレッシュできるのでリフレッシュをすることをおすすめします。

ドコモで私が利用していた機種は8千円かかりましたが、それでも10万円ランクの機種を8千円でほぼ新品に交換出来るようなものなので、携帯保障サービスに入っている方はリフレッシュすることをおすすめします。

ケータイ保証に入っていない場合は充電電池の交換だけでもしておくのが良いと思います。

お下がりスマホを初期化する

大人の私達が便利で使っているアプリなどをそのまま渡すのは危険なことでもありますから、まずはいったん初期化しましょう。

初期化の方法は各キャリアで案内が出ています。

新品として使うので完全にデータなども消去して初期化してから渡しましょう

お下がりスマホを使うなら格安SIM

せっかく本体を安く使えるのに端末と月額利用料金がセットになっている大手キャリアを使うのでは意味がありません。

お下がりスマホを一番お得に利用するのは、スマホありきで契約ができるプランを用意している格安SIMがおすすめです。

格安SIMはいわゆる大手キャリア以外の携帯会社のことです。

LINEモバイル、UQモバイル、Yモバイルなど。。。

ちなみに、格安SIMはいくつもありますが、子供に使わせるのにメリットがいっぱいあるので断然LINEモバイルをおすすめします。 

利用予定のケータイ会社で端末が利用可能か調べておく

お下がりスマホを使わせようと思っていたのにいざ利用登録しようと思ったら、利用できない端末だったなんてことがあると大変です。

利用予定の携帯会社のページから利用可能端末を調べましょう。

ちなみにLINEモバイルなら大手キャリアのドコモ、Softbank、auの回線を使っているので基本的にはこの回線で利用していた端末は使えます。

が、ここは大事なポイントなので必ず確認してください。

子供に使わせるならLINEモバイルがおすすめ!

 

お下がりスマホを使わせることが決まった時点で格安SIMはどこがいいのか?いろいろと調べてみました。

とにかく安く済ませたいとい!&子供が安全に使える!ということで絞った結果LINEモバイルが断然おすすめ!ということが分かりました。

LINEモバイルがおすすめな理由

  1. 月額料金がとにかく安い
  2. LINE、LINE通話が無料
  3. 契約者と利用者を別で登録できる
  4. フィルタリングアプリが無料
  5. 大手キャリアの回線を使っている
  6. ギガをプレゼントできる

月額料金がとにかく安い

LINEモバイルの最安プラン

データSIM➡月額600円

音声通話SIM➡月額1100円

単純に月額の料金が他社格安SIMと比べて圧倒的に安いのは大きな決め手となりました。

実際に最安値の月額600円プランは音声通話が付いていないプランですが、LINEはLINEの利用が無料なので親や友達との連絡にはLINE通話ができるので一切困ることは有りません。

そもそも音声通話を付けなくてもいいかなぁというくらい中学生ってほぼLINEがあれば事足りますよね?

うちの場合は、職場に電話をかけるとか、習い事に自分で連絡しなければならないシーンもあるかなと思い、音声通話付きの最安値のプラン1100円のプランにしましたがLINEが無料なので実質かなりお得になると思います。

LINE、LINE通話がデータフリー

一番の決め手になったのがこれですね。

LINEモバイルならLINE、LINE通話がデータフリーなのです!

仕事もプライベートもほぼLINEでのやり取りしかないので、ここが無料というのは相当大きいなと思いました。

LINEモバイルならLINE、LINE通話はデータフリー!つまり使い放題です!
つまりどれだけ使っても無料です!

あとは毎月の端末保障500円つけて合計1800円なのでめっちゃ安いです。

ちなみにLINEモバイルの端末保証だと万が一修理不可だったとき、ラインモバイルで取り扱いのケータイの中から交換となります。

うちはラインモバイル取り扱い端末よりはるかに高い機種が故障したので、正直端末保証に入らず、町のケータイ屋さんで修理という選択もあったのかもと思っているので、端末保証はなくてもいいかもしれないですね。

契約者と利用者を別に登録できる

LINEモバイルではスマホの契約者と利用者を別々に登録できます。

親の契約で子供が使うという場合にとっても便利です。

親の携帯からも利用状況が分かるようになっていて、支払いのカードなどを登録するのもこれなら安心です。

子供がギガ数をどれくらい使ったのか?などもLINEから簡単に確認できます。

利用者と契約者を登録できるので子供に使わせるという環境に完全対応

フィルタリングソフトi-フィルターが無料

LINEモバイルのフィルタリング

お子様に使わせる際に、利用時間、見られるサイト、位置情報、など含めかなり細かくフィルタリングできるi-フィルターが無料で使えます!

この【iフィルター】があれば、アプリの使用制限、スマホの利用制限、位置情報などがとっても細かく設定できるのです。

日本PTA全国協議会推奨商品で家庭向けシェアNo.1というフィルターアプリでは超優秀なアプリです。

子供にスマホを渡すうえで親が悩むのはまさしくここなので、一般的なアプリよりも格段に細かく設定できる本来有料のこのアプリを無料で使えるのはとってもおすすめポイントです。

フィルターアプリではNo.1の【iフィルター】を無料で使えるので安心!

かなり細かく設定できるので安心です。

ちなみにかなり厳しめに設定できちゃうので、中学入って夏休み後くらいからはグーグルのファミリーリンクというアプリに移行しました。

LINEモバイルは大手キャリアの回線を使っている

うちの場合はほぼ自宅のWi-Fiか出先でも駅や地下鉄のWi-Fi利用していたのであまり関係ないかなと思いましたが、子供はスマホでゲームや音楽、動画視聴などをするので回線の速さは大切なようです。

LINEモバイルはドコモ、Softbank、auの3つから回線を選べるようになっています。

親からのお下がりスマホがこの3つの大手キャリアの場合は引継ぎもスムーズです。

また回線自体も大手の回線を使っているので速度面でも大手キャリアには時間帯によって劣る場合がありますが、基本的には同じ回線なので安心です。

LINEモバイル同士ならギガをプレゼントできる

LINEモバイルではLINEの画面上からの簡単な操作でお持ちのギガ数をつながっている家族や友達にプレゼントできる仕様になっています。

私は最初はドコモでしたが、子供のスマホをお下がり+LINEモバイルにしたことで、その圧倒的な安さで、違約金の発生しない月に入ったと同時に自身のスマホもLINEモバイルに乗り換えました。

そうするとギガ数を分け合えるのでどちらかを最安プランにしておいて、万が一足りない場合はプレゼントすれば良いので無駄がなくとてもお得です。

LINEモバイルのキャンペーンで更にお得に!

定期的に内容が変わったりするので要チェックではありますが、現在キャンペーンで月額基本料3ヶ月500円です!(全てのプランが980円引きとなっていますので、ギガ数の大きいプランやLINEミュージック付きのプランでもお得にはじめられます。)

更にエントリーパケージという登録事務手数料が無料になるコードが記載された紙のパッケージを家電量販店で440円くらいで購入して、これを利用して契約すれば3000円の登録手数料が無料になります。

実質3000円-440円で2560円お得になります。

キャンペーンによっては併用不可の物もあるので、公式サイトでよく確認してくださいね。

LINEモバイル利用して良かったこと

文句なしですね。

最初は20年以上ドコモを利用している私としては不安だらけでしたが何も問題ないですね。

回線を心配する方も多いようですが、大手の回線を使っているので何も変わらない上に、回線の乗り換えもネットでぽちっとするだけなので便利です。

LINEが無料!

LINEトークとLINE通話が無料!

とにかくこれが無料だと基本何も他にはいらないですね。

ゲームなどは自宅のWi-Fiでやることがほとんどなので、今まで0.5GB超えた事ないですから、ほぼ繰り越し繰り越しでギガ数たまっていく一方ですね。

習い事で電車にのったり、スポーツリハビリで受付での待ち時間なんかもありますが、それでも超えないです。駅にはWi-Fiありますしね。

高校生になったらここら辺は変わってくると思いますが、中学生の間は超えることはないと思います。

ちなみに音声通話付きプランにしていますが、LINEモバイルは音声通話もお安くできます。

通常だと30秒20円です。このままでも大手携帯会社とほぼ同額なので高くないですがLINEモバイル音声通話利用者なら誰でも無料で使える【いつでも電話】というアプリで半額の30秒10円になります。

LINEトーク、LINE通話が無料

通常の音声通話でもアプリ利用で30秒10円

とにかく安くて料金が簡単明瞭

何はともあれ、シンママにはこれが大事。
とにかく安い!そして分かりやすいです。

大手の携帯会社の物凄い複雑な入り組んだ料金システムからしたらとっても明瞭で分かりやすくて良いです。

データのみで600円でもいいのですが、親としては自宅への電話、職場への電話、じぃじばぁばのお家への電話、そして何より緊急番号(110番、119番)へかけることを考えてやはりここはどっちにしても格段に安いので音声通話付きのプランをおすすめします。

キャンペーンも音声通話付きでないと適応できなかったりというものも多いので。

さらにデータSIMから音声通話SIMには変更できませんが、逆はできるので本当に要らないなと思えばあとで変更できるし、初年度は諸々のキャンペーンで安く済むという面からもここは音声通話の0.5GB1100円か3GB1480円がおすすめです。

0.5GBというと少ないと感じる方も多いかと思いますが、LINEと、LINE通話がデータフリー(使い放題)ということを考えるとどうですか?自宅がWi-Fi環境下なら大丈夫な方が多いのでは?

ちなみに、私立などで電車通学していたりする場合は外での利用も増えると思うのでギガ数はさらに大きい方が良いかも知れないですね。

・LINEモバイルの初月料金は日割りですが通信料は丸々使えます。
・LINEモバイルでは余った通信料は翌月に繰り越しできます。

ということは
初月は通信料最大の12GBで月末利用開始になるように申し込みをして、翌月から希望のギガ数のプランに変更すればとってもお得です!
※月末までに翌月からのプラン変更をして下さい。プラン変更はLINEの画面からポチるだけなので簡単です!
※変更プランはキャンペーン特典の対象範囲になるようにしてください。

圧倒的にコミュニケーションが頻繁になった

これが一番だと思いますが、LINE使えると頻繁に親子でコミュニケーションとるようになりました。

今までのキッズケータイではとにかく打つのが面倒だったようでメールしてもほぼ返事なしだったのが、面白いスタンプがあったからと送ってきたり、面白いLINEニュースがあったと共有してきたり、、、

既読付くのでやっぱり格段に便利になりました。

LINEトークやLINE通話が無料なので親子のコミュニケーションが格段に増える

LINEモバイルを更にお得にするためのポイント

もう十分ってくらいお安いんですけど、更にお安くできるポイントがあるのでご紹介します。

ちなみに新規での音声通話プランで話を進めているので、その他の場合は公式サイトからご確認下さい。

エントリーパッケージから申し込みをする

登録事務手数料が無料になるコードの書かれた紙パッケージを購入しましょう。

エントリーパッケージはアマゾンやビックカメラ、ヨドバシカメラで売っていて450円前後で店により、時期により変わります。

ちなみにキャンペーンによっては併用できない場合などもありますし、キャンペーンを使った方がお得な場合もあります。

また申し込みまでの期限があるので確認のうえ購入して下さいね。

2020年11月4日現在は
公式サイト でしばし(3分ほど)待つと画面右下にシークレット特典のボタンが出てきます!
こちらのコードを申込時に入力すると最大5000円相当もらえるのでエントリーパッケージどこから事務手数料よりも特典が大きいという目玉特典やってますのでエントリーパッケージではなくこちらのシークレット特典を利用するのがおすすめです!
LINEモバイルシークレット特典

【いつでも電話】をインストールしておく

うちの場合仕事中は自分の携帯はなかなか気づきにくいので、子供から職場に電話をかけてくるというシーンも結構ありました。

30秒20円が半額の10円になるので契約したらすぐにこの音声通話が安くなるアプリをインストールして音声通話を半額にできるようにしておきましょう。

その他にもLINEだとLINEクーポンやLINEポイントなどお得なものが沢山あるので、契約してからもちょいちょいお得がやってきます。

サイトを見るだけでポイントがもらえたり、コンビニやファミレス、ファストフードのクーポンなどもほぼ毎日更新されています。

こまめにチェックして沢山お得をゲットして下さい!

LINEモバイルは公式サイトからどうぞ

コメント

タイトルとURLをコピーしました