子供に離婚を説明した時の予想外の展開から確信したベターハーフ!

ベターハーフOpinion
Opinion
スポンサーリンク

シンママなら誰もが通るであろう

子供に離婚を説明するシーン。

うちは保育園の頃でしたが、息子の反応が想像の斜め上すらはるかに通り過ぎるくらい予想外の展開で笑っちゃいました。

中二の今となってははるか昔の懐かしいお話です。

スポンサーリンク

プラトンの愛の起源〈失われた半分を探して〉

この話をする前に、、

ベターハーフって聞いたことありますか?

ベターハーフという言葉はプラトンの饗宴という古典作品の中でアリストパネスが愛の起源についてスピーチする中に出てくる概念です。

その昔人間は球体で男男、男女、女女だったのを力を持ちすぎた人間を恐れた神が雷で二つに引き裂いたという話で

人間はその引き離された失った半分の自分を求めているというお話です。

ちょっとまとめすぎですが、とても素敵なお話です。
この手の話は形は違えど耳にしたことはありましたが、きちんとプラトンのお話を知ったのは映画『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』を観た時です。
劇中に出てくる歌とイラストが凄く素敵なので知らない方は是非見てほしい。。

ブラックchikako
ブラックchikako

ちなみに私はこの映画、音楽とこの「The origin of love」が好きで4回ほど劇場に行き、DVDも持ってるけど実はラストとか良く分からないというか。。。どうでもいい(爆)

映画そのままはさすがに動画なかったので、私の大分意訳したテキトー和訳を先に読んでから、動画も観て下さい。

そうするとスゴイすんなり入ってくると思うので。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

The origin of love(和訳)
~映画『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』より

地球がまだ平らで
雲は火でできていて
山が空に向かって背伸びして
ときには空よりも高かった
人間は地球を大樽みたいに転がってた
腕が二組と脚も二組あって
大きな頭に顔が二つ
あたりが全部見渡せて
本を読みながら話もできたけれど
愛については知らなかった
それはまだ愛が生まれる前のこと
愛の起源

人類には3つの性があった
男と男が背中合わせ 太陽の子
女と女が背中合わせ 地球の子
そして月の子は
スプーンに挿したフォークみたい
半分太陽と半分地球
半分女で半分男
愛の起源

そのうち神々が怖れだした
人間の強さと不敵さに
それでトール神は言った
「おれが大槌で皆殺しにしてやろう
あの巨人どもを倒したときみたいに」
するとゼウスは笑いながら
「いや俺がこの稲妻で
クジラの足をちょん切ったときみたいに
恐竜たちをトカゲに変えたときみたいに
やつらをまっぷたつにしてやろう
上から下に引き裂いて半分にしてやろう」

すると頭上で嵐の雲がもくもくと集まり
やがて大きな火の玉から
炎が稲妻になって落ちてきた
光はじけるナイフの刃が切り裂く肉体
そこにインドの神が
体の中央で傷口を縫いあわせた
この罰の大きさを忘れないように
次にオシリスとナイルの神々が
ハリケーンを巻き起こし
人間をちりぢりに吹き飛ばした
もしまた神の怒りを買えば再び引き裂かれ
一本足で飛び跳ねて一つ目で見ることになる

最後にあなたを見たのは二つに裂かれた時
あなたはあたしを見つめ
あたしはあなたを見つめてた
なんだかすごく懐かしい感じがしたけど
でもそれがなんだか分らなかった
あなたの顔は血だらけで
私の目にも血がにじんでいたから
でもこれだけは誓って言える
あなたの魂の奥深くの痛みは
私の奥深くにある痛みと同じもの
この痛み
魂の奥まで一直線に切り裂くこの痛み
私達はそれを愛と呼んだ
そして腕をまわして
元どおり一つになれないかと
けんめいに抱き合い愛を交わした
それがメイクラブ

遠い昔の冷たく暗い夜のこと
天の支配者の手で
2本足の寂しい生き物になった物語

それは悲しい物語
愛の起源の物語

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

音が悪いのですが一番見たいところが見れる動画だったので↓

私はいつも7’52あたりから涙が止まらない。。

Hedwig and the angry inch – The origin of love – texto en castellano

興味を持った方は映画是非見て下さい。

あと本も読みたくなりますね。

スポンサーリンク

探し求めたベターハーフは。。。

女の子あるあるではありますが、恋人ができる度にこの人が私のベターハーフだ!とかって思うもので、元旦那の時にそう思って結婚したのですが、まんまとあっという間に離婚することになってしまいました。

でも別れてひしひしと感じるのは
あ~私のベターハーフはこの子だったのか~ってことです。

まぁ、これまたママあるあるだとは思いますがね(笑)

スポンサーリンク

子供に離婚を説明するあるあるシーンは予想外の展開!?

大分前置きが長くなりましたが、ここからが離婚を説明した時のお話です。

息子は物心ついた頃には父親と離れて暮らしていて、月に1~2度会うという生活をしていました。

だから保育園のお友達に「○○はお父さんがいないんだよね」と言われて、普通はお父さんが家にいるらしいと知り少なからずショックを受けたようです。

ある日「なんでうちにはパパがいないの?」と聞かれました。

不謹慎だけど「お!テレビとかでよく見る定番のあれきたー!」と思ったけど、、うちの場合は何かが違いました!!

ここは大事なところ!とばかりにさとすように
「ママはパパと結婚してたんだけど、お互いに○○のことは大好きだけど、ママとパパはお互いに別々に住むことを選んだの、、、」

とこのあたりで息子は顔をクシャクシャにして、、

次の瞬間うわ~~っと泣きだしました。

ごめんね。ごめんね。と思ったのもつかの間

息子は泣き叫びながら
「ママと結婚するのは僕だったのに~~~~~!!!!!」と(笑)

ブラックchikako
ブラックchikako

え??思ってたんと違う、、、

でも

めっちゃかわいい!!

自分が私と結婚すると思っていたのに、先を越されていたというショックは相当だったようで、この後私は1時間程かけて

「いやいや、、本当に好きなのは○○なんだけどね・・」

「だってパパと会えなかったら○○にも出会えなかったわけだから、、、

出会うために仕方なくね。。。」

って私なんか、、普通の人がこういう場面でする説得と全く違う説得をしているのはなんでだ??(笑)

でも、、

私自身がそう思うことで自分をなだめていたことを、まさか息子に言わされることになるとは。。

そんなわけで、私のベターハーフはこの子でした!

ベターハーフというと恋愛の愛をイメージしがちですがソウルメイトに近い魂の愛という感じ?

ソウルメイトは魂が引き合うもの同士だから親子だったり恋人だったりと関係は変わりつつも離れらないらしい。。

ということでベターハーフでありソウルメイトである魂に出会えてしまったので、私はあの日から韓流のDVD観てる時くらいしか恋心は抱いてません(爆)

 

ランキング参加中!クリックして下さると励みになります。

  にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ
↑2つもあって申し訳ありませんが
ポチっとして往復してもらえると泣くほど喜びます!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
\ この記事をシェアする!/
\ chikakoをフォローする !/
シンママchikakoのブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました