ドコモからLINEモバイルへの乗換方法!~MNP予約番号発行編

MNP予約番号発行LINEモバイル
LINEモバイル
スポンサーリンク

子供のスマホを一番安くすませるにはお下がりスマホとLINEモバイル!

ということで子供が中学にあがると同時にドコモのキッズケータイからLINEモバイルのスマホに変えました。

実際驚くほど安いので、私も20年以上利用していたドコモからLINEモバイルに乗り換えることにしました!

基本乗換はとっても簡単なんですが、実際にやってみたらネットの情報とはちょっと違ったな??なんてところもあったので、実際に乗り換え手続き方法とじっさいにしてみた本当のところのお話です。

スポンサーリンク

ドコモからLINEモバイルには電話番号、端末が引き継げます

LINEモバイルは大手キャリアの回線を借りているのでLINEモバイルでドコモの回線を選べば

ドコモで利用していた端末はそのまま使えます!

キャリアによってはSIMロックの解除などをしないといけない場合がありますが、ここらへんの煩わしい事が必要ないのでドコモからLINEモバイルへの乗換はとっても簡単です。

ちなみに端末の動作確認はLINEモバイルの公式ページに出ています。

私の場合は端末の残金がまだ残っていましたが、2年ごとに新しい端末にしていた時代とは違い今は高価な端末を何年か利用する方が大半だと思うので、ここがLINEモバイルにするとぐっと安くできるポイントかなと思います。

ドコモだと端末代金払い終わって「さぁ!これで月額料金大分安くなる!」と思っていたら、代金支払いに付随していたサービスが同時に終了することで微々たる金額の差にしかならないということがあります。

私は実際に高いスマホ代払い終えて、いくらぐらい変わるかと楽しみにしていたので実質500円くらいしか変わりませんでした。

ブラックchikako
ブラックchikako

4~5千円の端末代金払い終えたのに全然安くならないじゃん!

これがLINEモバイルなら単純明快にそのまま端末代金分がいらなくなるので端末代金払い終えたら(払い終わってる人は乗り換えればすぐ!)格安!という言葉をそのまま感じられると思います!

そうなると必然的にスマホ自体を長年大事に使おう!って思いますよね。

ただし、だからと言って大手キャリアと同じ感覚で携帯端末保障サービスには入らなくてもいいかもしれません。

端末のメーカーの保障規定にもよりますが、私は息子のスマホの故障経験上、LINEモバイルでは携帯端末保障つけませんでした。

LINEモバイルの端末保障サービス内容だけでなく、ご自分の利用端末のメーカーの保障内容なども良くチェックして加入するかどうか検討しましょう!

とはいえ、持ち込み端末も月額500円で保障つけられるので、まずはつけておくというのも有りだと思います。

加入は後からはできませんが外すのはいつでもできるので。

スポンサーリンク

ドコモでMNP予約番号発行をする

今回私は電話番号と端末本体はそのままでドコモからLINEモバイルに乗り換えすることにしたのでまずは電話番号を引き継ぐためのMNP予約番号発行をドコモでしてもらいます。

電話番号をそのまま使いたい場合にはMNP予約番号を発行する
MNP予約番号発行方法は3通り
①ドコモショップ
②ドコモインフォメーション(ドコモ携帯から151 その他からは0120-800-000)
※どちらも午前9時~午後8時まで(年中無休)
③マイドコモ(ネット)

<ドコモショップでMNP予約番号発行するメリット>

・疑問点等全て解消できる

ドコモ歴が長い場合お得ということでいろいろなセットや割引に入っており、特に家族が使っている(または使っていた)場合など、その絡みの紐づけがあったりとややこしいことになっている場合があるので、ここら辺を一気にクリアにするにはショップに行くのが良い。

私は以前学生割がお得!なのでとドコモショップのお姉さんに裏技を教えてもらい、息子のキッズケータイと私のスマホを名義だけ反対にして登録するということをしていました。おかげでお得だったのですが、これがあとあと機種変したり、息子がLINEモバイルに乗り換える時にとってもややこしかった。。。

ブラックchikako
ブラックchikako

引っ越しでショップを変わってしまってたので、現ショップの人が現状把握するまでに相当時間もかかり半日ドコモショップにいた気がする。以前利用していたショップのスタッフは知識もサービスも良かったのですが、私がドコモ辞めたいと思った一番の原因は現ショップのスタッフの質の悪さでした。大手キャリアでこれは致命的です。行くたびにイライラマックスでした!

でも、息子の乗換の時に自分も違約金発生しない月になったら乗り換えるつもりだったので頑張って全てクリアにしておきました。

<ドコモショップでMNP予約番号発行するデメリット>

・待ち時間が長い
・予約しないといけない

マイドコモショップなどで登録をして予約していたも待たされる時もあります。

また、引きとめも結構入ると思うので押されて解約辞めるなんて場合もある??

<ネットでMNP予約番号を発行するメリット>

・待ち時間もなく自分の都合の良い時に発行できる

<ネットでMNP予約番号を発行するデメリット>

・発行できない場合がある
・質問ができないのでよほど詳しくないと諸々不安

私はドコモ光の契約もあるのでという理由でネットでの発行はできませんでした。

大手キャリアの謎すぎる割引サービスのせいで、いろいろなものが紐づいていたりするので、それを解除したりする作業があり、意外とネットで発行できない人の方が多いのでは?

発行はできても相当詳しい人じゃないと、諸々の質問とかできないのでちょっと心配かも

<電話でMNP予約番号を発行するメリット>

・やるべきことが分かり、質問もできるので安心

D ポイントの引継ぎとか、カードはどうするとか、利用している動画サービス(Dtv)はどういう作業が必要になるか?など向こうから丁寧に教えてくれたので安心です。

ブラックchikako
ブラックchikako

この電話口の対応と同じくらいドコモショップのスタッフの質が良かったら絶対解約しなかっただろうな。。と思いました

<電話でMNP予約番号を発行するデメリット>

・待ち時間が長い
・説明が丁寧な分長いと諸々理解している人には長い

私みたいに乗換初めての人はこの手寧な説明が安心でしたが、2年ごとに乗り換えてる人なんかは「はいはい!知ってます!」って感じの人もいるのかも??

LINEモバイルの利用登録はMNP予約番号の期限が10日以上残っていないと手続きできないので発行後はすぐにLINEモバイルのサイトへ行って申し込みをしましょう。

ランキング参加中!クリックして下さると励みになります。

  にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ
↑2つもあって申し訳ありませんが
ポチっとして往復してもらえると泣くほど喜びます!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
\ この記事をシェアする!/
\ chikakoをフォローする !/
シンママchikakoのブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました