初心者さん必見!ジェルネイルで持っておけば安心のおすすめの色

セールで買ったカラージェルネイル
ネイル
スポンサーリンク

セルフジェルやってみたいけど、まずはどの色を買うべきかな?

そんな、初心者さんが持っておくと使い回せるおすすめカラーを教えます!

大事なのは定番色プラス、色を変えてくれる細かいグリッター入りのクリアカラーなどのニュアンス系を持っておくとことです。

スポンサーリンク

プロがおすすめする色は初心者向きではない

ネットなどで検索すると、プロのネイリストさんがおすすめするカラーでシアン、イエロー、マゼンタという色の3原色をすすめているものが多いです。

これらは確かにまぜあわせることでどんな色でも作れるのですが、そもそも初心者さんにおすすめなのは筆を使って作るコンテナタイプではなくはけつきのマニキュアタイプです。

となると混ぜ合わせるのは大変だし、そもそも3原色でいろいろな色を作り出すこと自体難しすぎます。

なので、ここではプロではないけれど10年以上セルフジェルをやっている素人のネイル好きの私が初心者さんが最初に持っておくべきおすすめカラーを紹介します。

スポンサーリンク

初心者さんにおすすめのネイルラボ

まずはジェルのメーカーです。

ここは好き好きなのであえて深く掘り下げません。

私自身はJELLYネイルからはじまりコンテナタイプやちょっとお高めのメーカーまで色々まぜこぜで使ってきたのですが、使いやすさと色の豊富さで最近はby Nail Laboばかり使ってます。

ネイルラボのおすすめポイント

  1. はけつきのマニキュアのようなボトルタイプ
  2. ONもOFFも爪を削らなくて良い
  3. LED30秒硬化でお手軽
  4. リーズナブル
  5. 色が豊富で粘度が柔らかく扱いやすい

他にもマニキュアタイプや1ステップジェルなどは多いのですが、正直使ってみて満足できる使い安さと持ちだったのはネイルラボがダントツです。

<マニキュアボトルタイプで失敗したジェルネイルの例>
・LEDライトをどれだけ当てても固まらない色がある
・扱いやすいけれど翌日にペロンとはがれてしまう
・1週間程すると明らかに色がくすんでいる

結構有名なメーカーでドン・キホーテなどに置いてあるものですが、そもそもなのか、保管や管理の問題なのか分かりませんが、上記のようなことが結構な確率でありました。

初心者さんが最初にこんなのに当たってしまったらセルフジェルや~めた!ってなっちゃうと思うので、最初に選ぶジェルネイルはきちんと選んでほしいところです。

by Nail Laboはカラーが豊富で逆に迷っちゃうかも知れませんが、今回の記事を参考に選べば失敗しないはずです。

定期的にセールがあるのでシーズンオフや先取りでお得に楽しめます。

スポンサーリンク

カラーネイルとして使える基本の色

ジェルネイル初心者さんだとイメージがつきにくいかもしれませんが、マニキュアと違ってジェルネイルは重ねていくものなので、ネイルラボのカラージェルのような薄付きタイプのジェルなら1本で何十通りのカラーにも変えられます。
1度塗り、2度塗り、3度塗り、ラメのせ、グリッターのせ、上から他のカラーをのせたりしたら、更に広がります。

私達ママ世代におすすめの定番色はどこにでもつけていける落ち着いたカラーが良いでしょう。

定番として使える色は白、ピンク、ベージュの3色です。

ただし、この3色は実はとっても選ぶのが難しい色でもあります。

例えば白と言ってもべたっと1色の白からパール系の白、ラメ系の白、アイボリー系の白と色々あります。
初心者さんにおすすめなのは、べったり一面で塗られてるように見える単色ではなく、極々細かいグリッターか、細かいパールなどが入っていて、塗ったときに光を反射して粗が目立たずニュアンスの出るものがおすすめです。

ピンクも色だけ見て可愛い色はとかく手から浮いて見える傾向にあるので、キレイ色よりも少しくすんだピンクの方が肌なじみが良いです。

ベージュは特に肌馴染みの悪い色だと不健康そうに見えるだけなので色選びは、自分の手の色と合わせて選ぶ必要があります。

実はムラが目立ちやすいカラーでもあるのでラメ入りがおすすめです。

いずれもパールやラメ入りが扱いやすいですが、ラメもパールも極々細かいものがオールマイティーに使えるし上品です。

とにかく一番大事なのは肌なじみです。

でもこれってなかなが難しい作業ですよね?
ためし塗りもできないし、モデルさんの手では自分と違うし、、

そこで持っておくと便利なのがニュアンスカラージェルです。

スポンサーリンク

色味を変えられて粗も隠してくれるニュアンスカラー

ニュアンス系のカラージェルがあれば色味を変えられるのはもちろんですが、何より粗を隠してくれることが初心者さんにおすすめする理由です。

白やピンクは定番カラーですが色味によってはみ出したり、ムラになっていたりという粗が目立ちやすいカラーでもあります。

そこで、ニュアンス系のカラーを上からひと塗りすればあっという間に粗が隠れてワンランクアップします。

細かいグリッターの入ったクリアカラー

ネイルラボ カラージェル G005 スノーホワイト

10年以上セルフジェルをやってきて、必須だなと思うのは細かいグリッターの入ったクリアカラーです。

これはとにかく助かります。
色に飽きたらお直しがてらこれとトップコートジェルを塗ればまた3週間は楽しめます。

クリアラメジェルネイル

くすみ系に変えてくれるヴェールカラー

ネイルラボ カラージェル 186 シェーディングヴェール 

↑この色見ると??と思うかもしれませんが1度塗りだと薄いグレーベージュで、大人っぽい色味に変わるので秋冬は頻繁に使います。

ピンクとかはっきりしすぎで手に馴染まないなというときも、このヴェールカラーをひと塗りすればそれだけでちゃんと浮かずに馴染んでくれます。

秋ネイル4

スポンサーリンク

ネイルカラーにもシーズンはある

夏のカラージェル

ネイル自体はオールシーズンですが、やはり夏っぽいとか冬っぽいなど季節にあわせて人気が出るカラーというのがあります。
ざっくりですが

春、、、ピンク、花、押し花のネイルシール
夏、、、黄色やオレンジなど派手なビタミンカラー、水色や青系のオーシャンカラー、ネイルシールは貝殻等シェル系シール

秋、、、モカやワインレッドなど大人っぽいカラー
冬、、、白、雪の結晶柄ネイルシール

こんな感じです。

スポンサーリンク

シーズンオフのカラーはセールになる確率が高い

セールで買ったカラージェル

毎シーズンこういう系統の色味がでますが、メーカーさんも毎年微妙にニュアンスの違うものを出してきます。 
なので、例えば今、私がしているキウイカラーのジェルも昨年のものなので春先に半額セールになっていてお得に購入できました。

ジェルネイルはよほど頻繁に使う色以外はかなりもつのでコスパは良いのですが、それだけにお値段はマニキュアよりは高いので、こういうセールはフルに活用した方が良いです。

とはいえ、、、例えば黄色でもネオンカラーのような色が流行った翌年は透き通るような黄色が流行り、更に翌年はラメのしっかり入った黄色が流行る、、、
そんな時にもラメやくすみ系のニュアンスカラーを持っていればこれをプラスすることでイメージを変えることができます。

スポンサーリンク

初心者さんにおすすめのカラーまとめ

今までのネイルアートを見てもらっても分かりますが、普段職場などでもできそうなネイルは白、ピンク、ベージュでほぼ事足ります。

更に言えば私はベースジェルの上にラメやグリッター系のクリアカラーのみでアートシールなどを重ねたネイルが一番好きだったりもします。

それくらい、色味よりもニュアンスカラーが大事です。

自分の好みに合わせてキラキラが好きならラメやグリッター、パール系のニュアンスカラー、落ち着いた大人っぽいネイルが好きならくすみ系のヴェールをかけてくれるカラージェルを1本持っておけばいろいろ楽しめます。

最初に準備するものは少しお値段がしますが、そのあとはマニキュアより持つし、コスパも良いので長い目で見ればとてもお得です。

ニュアンス系とネイルシールで作れば不器用さんでも素敵なネイルアートができるので是非お試し下さい!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
\ この記事をシェアする!/
\ chikakoをフォローする !/
シンママchikakoのブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました