格安LINEモバイルに乗り換え!注意事項とお得なキャンペーン!

格安LINEモバイルLINEモバイル
LINEモバイル
スポンサーリンク

一番安く子供のスマホを利用するにはお下がりスマホとLINEモバイルということで息子のスマホをLINEモバイルに契約してそろそろ一年。

はじめは格安SIMってどうなの?

こんなに安くて平気なの?と不安だらけでしたが何一つ問題なかったです!

ということで私のスマホもやっと更新月になったので長~~~~~いこと使っていたDOCOMOを辞めてLINEモバイルに乗り換えることにしました。

2月もお得なキャンペーンがいくつもあるのですが併用できないものも多いのでよく調べてから自分にあうものを使いましょう


スポンサーリンク

ママのスマホは音声SIM必須

子供のスマホも私は勤務先や習い事の事務所などに電話することを考えて音声SIMにしましたが、ここは年齢や使用状況に応じてデータSIMもありかなと思います。

が、

ママのスマホは絶対音声SIMですよね。

学校からの電話とか、警察や救急、消防にかけられないなんて親としてはあり得ないと思うので、ここは音声SIMで話をすすめましょう。

音声SIMだとキャンペーンの割引額やポイント付与が大きくなりますからここはけちらずにね。

シンママって確かに経済的に辛いけど、子供を守れるのは私一人ですから、ここらへんは絶対けちらないほうがいいと思います。

何のために辛いシンママ生活を選んだのか?

子供を守るためですから。少なくとも私はそう思ってシンママを選んだので、こういう子供を守るとか子供のために必要なものをけちったら本末転倒なので。。

スポンサーリンク

LINEモバイルの2月のキャンペーンは6つ

お得なものが沢山あります。

1、スマホ月額基本利用料半額

2、今だけラッキー!7777円相当プレゼント(2月18日まで!)

3、学生応援!社会人にもあげちゃう最大5000円相当プレゼント

4、2020冬の格安スマホSALE

5、2020冬の格安スマホSALE機種変更がお得

6、招待キャンペーン第12弾

上記で併用できないものも多いので一番使いたいキャンペーンを選んだら公式サイトから注意事項を確認して下さい。

私は音声SIMで乗り換えなのですが一番お得なのは

2/18までに契約して2番の7777ポイントプレゼントにするか

3番の5000ポイントあげちゃうにするかで悩みました。

ちなみに1番はどちらの場合も併用OKです。

1番の月額利用料金半額はいずれのキャンペーンともほぼ併用OKです。

単純にポイントだけで考えると2番なのですが2番はエントリーパッケージからの申し込みが不可なので 実質のもらえるポイントは事務手数料3000円を引いた4777ポイントとなります。

そうすると3番でエントリーパッケージを利用した時とほぼ変わらなくなります。

エントリーパッケージは前回購入したとき400円ちょっとだったので。

となるとどちらでもあまり変わらないのです。

2番と3番はエントリーパッケージを使うことを考えるとほぼ同額のサービスになる
ちなみに子供のスマホの検討の時から1年以上LINEモバイルに注目していますがお得なキャンペーンは何かしらいつもやってくれています!
が、これだけLINEモバイルが安いというのが定着してくると、普通に考えて確実にキャンペーンを大々的に打つ必要もなくなってくるはずなので早いに越したことはないと思いますよ。
スポンサーリンク

docomoからLINEモバイルに乗り換える時に注意すること!

LINEモバイルは本当に安くておすすめなのですが大手キャリアの縛りによって時期を選ばないと高くついてしまうことがあるのでここは大事なポイントです!

更新月の確認

2年縛りというやつですね。

国からのお達しで多少緩くはなったもののそれでもまだ基本的には2年縛りで更新月前後で3ヶ月しか解約違約金のかからない時期がないという。。。

これは必ず調べておいて下さい。

私は息子のスマホを変えてすぐに10代から30年近く愛用してきたドコモから乗り換えようと思ったのでスマホのスケジュールで更新月の1週間前くらいをアラーム登録しておきました。

乗り換えをお得にするなら更新月のチェックは必須!でもここがずれてもLINEモバイルのキャンペーンや月額料金の安さで数か月で元は取れる

端末の購入時の割引サービスから1年以内の解約は損かも!

これ、あまり触れているサイトが少ないのですがドコモで端末購入している人はほぼ何らかの割引サービスを選んでいると思います。

正直私も厳密な名前は良く分かっていないけれど、購入するときに端末代金の下に必ず記載されてある実質代金?みたいな料金を目安で今まで選んできました。

端末を購入するときにドコモを継続することで毎月割引しますというものでこれが恐らく月2千円前後かなと。。

で、更新月ばかりに気がいきますが更新と端末の購入時期がずれている場合はここが大きな落とし穴になります。

月々サポートの場合

端末サポートの種類が月々サポートの場合は解約での違約金などはありませんがサービスされている額分が次回の端末支払いからは乗っかってくるので3千円前後端末分割代金が増えることになります。

端末購入サポートの場合

こちらは限られた機種のみですが端末の代金を初回に一括で割り引いてくれるサービスです。

このサービスは1年未満(選んでいるパケットパックなどによっては14ヶ月)で解約すると今までサービスしてきた代金を返還しないといけないという物。

私が使っている機種の場合解除料調べたら4万2千円ちょっと!!!

ブラックchikako
ブラックchikako

恐ろしい!!私は解約しようと思っているまさに数日前がこの1年の規定日でした。数日ずれていたら!!!ひえ~~~~~~!

乗り換え検討の方はこの時期も更新月と一緒に必ず調べておいて下さいね!

更新月同様マイドコモから調べられますが、面倒な人はドコモのケータイからなら151(無料)で聞きましょう。

更新月よりも怖いのは端末サポートの解除料金です!元はいずれは取れるけど、それでも金額が大きいのでここは絶対チェックしておいた方が良いです!

キャリアメールが使えなくなります

当然ですがキャリアのメールが使えなくなるのでサイトのIDとかにしている場合はGmailとかに変更をしておきましょう。

学校の連絡メールなんかも私はドコモにしていたのでちょっとこういうのは地味に面倒ですね。

何気なく登録しているものが意外にあるのでメール一覧見て抜けがないかチェック!

ドコモ光などの契約がある場合は割引がなくなります

私は自宅のWi-Fiも割引になるとのことでドコモ光にしていたので乗り換えでこの割引もなくなります。

でも、私の場合調べたら数百円だったので全く問題なしでした。

乗り換えと同時に自宅のWi-Fiも乗り換えるつもりだったのですが、ドコモ光の解約月がずれていたので、これはこれでこちらの解約月までそのままにすることにしました。

ブラックchikako
ブラックchikako

こちらも調べてすぐスマホのスケジュール登録しておきました!

ドコモ光や自宅の電話等の料金プランなども調べておきましょう。ドコモ光の解約月やともなう割引がどれくらいかはドコモ光のサポート窓口で教えてもらえます。
ドコモ光 0120-699-185

LINEモバイル対応端末かどうかの確認は必須!

ドコモのスマホはほぼ全て使えるはずですが、万が一ということもあるので必ずLINEモバイルの公式サイトから利用している端末が対応端末がは調べておきましょう。

スマホ自体の割引キャンペーンもあるので乗り換えと同時に機種変更というのもありかなと思いますが。。

LINEモバイル対応端末かどうか確認しておく
スポンサーリンク

乗り換えのタイミングはいつがベストか?

更新月や端末サポートの割引解除料がかからないところを確認したら具体的な解約の日を考えます。

ここで大事なのはそれぞれの料金が日割りになるかというところですが・・・

LINEモバイルは日割り計算はしていないので←新プランは日割りになりました!

日割り計算しないLINEモバイルだと初月一律600円をお得に使うためには利用開始日が月初になるのが望ましいでしたが。。。

2020年2月19日より新プランがスタート!
新プランは日割り計算になるのでなるべく大手キャリアの利用を長めにするのがお得になりました!
更新記事近いうちにアップしますが、取り急ぎ公式のページで確認してください!


子供のスマホのところでは新規契約だったし、さらにあの時は初月無料だったのでこの威容開始日が月初になるようにと入念に調べて月末日に申し込みをしました。

でも、乗り換えの時はこれだけではないところが大事です!

乗り換えということはLINEモバイルの利用開始日=ドコモの解約日となります。

ドコモの解約月は1ヶ月分丸々料金がかかります

残念ながらドコモの方は解約月は丸ごと1ヶ月分料金が発生するのです!

なので一番お得にするにはLINEモバイルの開始を1日でドコモの解約を31日にするのがベストですが、これってほぼほぼ無理ですよね?!

双方の時間の区切りがどうなってるのかなどもありますが。。。少しずれただけでどちらも損になっちゃいます。

なので、やはり高い方のドコモをなるべくきっちり消化するというほうが安全かなと思います。

あとは解約前に料金プランを最安の物に変更したりというのもありですね。

でも、私は既にプランも安いのでここは安全に月中を取ることにしました。

LINEモバイルの料金もドコモの解約月も日割りにはならないので乗り換え日は月中が安全
スポンサーリンク

乗換に際して調べれば調べる程大手キャリアはないなと思いました

今回乗換に際して調べて思ったのは月額の料金の安さよりも、大手キャリアの料金やサービスの複雑で分かりにくいことでした。

更新月と簡単に言いますが、これはファミ割やパケットパックなどの契約に際しているもので、端末の購入や単純にドコモと契約した日ではないですし、端末のサービスに関してもいろいろあり、今回紹介したほかにもドコモwithなどもあり、とにかく分かりにくいです。

そういう意味でもLINEモバイルは本当に簡単明瞭で単純にプランの料金しかかからないというところが本当に良心的だなと思いました。

当然更新月などもないのでいつでも解約ができます。

ただしキャンペーン利用の場合などは多少の縛りは当然ありますが。。

いまだに大手キャリアの人が多いのはそれこそ面倒な料金やサービス、プランのせいで解約するのすら難しいということですね。

私の周りの人も大半が料金に納得していないながらも、なんかよく分からないし面倒だし。。という感じです。

でもここは頑張ってちょっとだけ調べて頑張れば後はお得になるので頑張りましょう!

必要な物に対するお金は良いけど無駄なものに使うお金は1円たりとも無い方が良いに決まってます。



コメント

タイトルとURLをコピーしました